読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いつだって君が主人公

JUMP沼にハマった裕翔担のブログ。日々深くハマり、抜けられなくなってゆくのです…。

私が裕翔担になったワケ。

前回の記事でJUMP沼にはまったワケを書いたので、

今回は裕翔担になったワケを書こうかと。

 

はい、そうです。私は裕翔担です。

といってもデビュー当時から裕翔担なわけではなく、気づいたら裕翔担になってたわけです。

 

デビュー当時は私も小学生くらいだったので。

 

JUMPの歌ってる歌が好き

JUMPの着ている衣装がかっこいい

JUMPのコンサートのセットが可愛い

JUMPが出てるテレビが面白い

 

と所謂箱推し状態でした。

担当とかあまり気にしてなかったんですよね。

 

…と、まぁ、気づいたら裕翔担になってたワケで。

気づいたらなってたものなので、裕翔担になったワケもそんなにないんですよ(ブログタイトルを返せっ、ここまで読んだ時間を返せっ、って言われそう)

 

でも、2010年くらいかな。裕翔担だって気づいたの。

SUMMARY2010のDVDを見てた頃には、既に裕翔担だったので。2010年あたりだと思ってます。

 

じゃあ何で9人(当時は10人)の中で裕翔くんに惹かれたのか…。

考えてみると、まず共通点が多い。

 

第一に長男(私は長女)であること。

やっぱり兄弟の上ってよく分かるんですよ。似るっていうか何ていうか。

変なところで神経質だったり、変に真面目なところがあったり、内弁慶だったり。

長男長女が全員そうというわけではないけれど、多いんじゃないかな。少なくとも私はそうです。

 

第二にドラム。

これは大きい。

私、中学生の頃、吹奏楽部でドラムを叩いてたんです。その影響もあってか、ドラムを叩いてるってだけで、数百倍かっこよく見えるんですよね(故に、TOKIOの松岡くんや関ジャニ∞の大倉くんもかっこよく見える)。

無駄にスティック回してみたり、膝をパタパタ叩いてみたり。分かるよ、裕翔くん。私もよく他人の膝や肩を叩いてたから。

 

最後は身長。

やっぱり見た目も大事ってもんだ。私は女子の中でも、まあ…デカイので(168cm)。背の高い男子はかっこよく見えるってもんだ。

 

そんなこんなで気づいたら裕翔担になってたんだろうな、と。

裕翔くんは彼氏にしたいというよりかは、どっちかというと憧れの先輩的存在。

かっこいい…ずっと見てたいな…って感じ。

私にとって憧れの人が、担当です。

 

たまに、「担当が決められません!」っていう人がいるけど、別に無理に決める必要はないんじゃないかなって思う。

ずっと見ていれば、そのうち気づいたら担当になってるもんだよ、と言いたい。

 

現に私がそうだから。