読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いつだって君が主人公

JUMP沼にハマった裕翔担のブログ。日々深くハマり、抜けられなくなってゆくのです…。

私が裕翔担になったワケ。

前回の記事でJUMP沼にはまったワケを書いたので、

今回は裕翔担になったワケを書こうかと。

 

はい、そうです。私は裕翔担です。

といってもデビュー当時から裕翔担なわけではなく、気づいたら裕翔担になってたわけです。

 

デビュー当時は私も小学生くらいだったので。

 

JUMPの歌ってる歌が好き

JUMPの着ている衣装がかっこいい

JUMPのコンサートのセットが可愛い

JUMPが出てるテレビが面白い

 

と所謂箱推し状態でした。

担当とかあまり気にしてなかったんですよね。

 

…と、まぁ、気づいたら裕翔担になってたワケで。

気づいたらなってたものなので、裕翔担になったワケもそんなにないんですよ(ブログタイトルを返せっ、ここまで読んだ時間を返せっ、って言われそう)

 

でも、2010年くらいかな。裕翔担だって気づいたの。

SUMMARY2010のDVDを見てた頃には、既に裕翔担だったので。2010年あたりだと思ってます。

 

じゃあ何で9人(当時は10人)の中で裕翔くんに惹かれたのか…。

考えてみると、まず共通点が多い。

 

第一に長男(私は長女)であること。

やっぱり兄弟の上ってよく分かるんですよ。似るっていうか何ていうか。

変なところで神経質だったり、変に真面目なところがあったり、内弁慶だったり。

長男長女が全員そうというわけではないけれど、多いんじゃないかな。少なくとも私はそうです。

 

第二にドラム。

これは大きい。

私、中学生の頃、吹奏楽部でドラムを叩いてたんです。その影響もあってか、ドラムを叩いてるってだけで、数百倍かっこよく見えるんですよね(故に、TOKIOの松岡くんや関ジャニ∞の大倉くんもかっこよく見える)。

無駄にスティック回してみたり、膝をパタパタ叩いてみたり。分かるよ、裕翔くん。私もよく他人の膝や肩を叩いてたから。

 

最後は身長。

やっぱり見た目も大事ってもんだ。私は女子の中でも、まあ…デカイので(168cm)。背の高い男子はかっこよく見えるってもんだ。

 

そんなこんなで気づいたら裕翔担になってたんだろうな、と。

裕翔くんは彼氏にしたいというよりかは、どっちかというと憧れの先輩的存在。

かっこいい…ずっと見てたいな…って感じ。

私にとって憧れの人が、担当です。

 

たまに、「担当が決められません!」っていう人がいるけど、別に無理に決める必要はないんじゃないかなって思う。

ずっと見ていれば、そのうち気づいたら担当になってるもんだよ、と言いたい。

 

現に私がそうだから。

私がJUMP沼にはまったワケ。

 

Hey!Say!JUMPが今年で10周年。

私がJUMPファンになって10年が経ちます。

 

これを機にブログを始めようと、はてなブログにたどり着きました。

文章についてはまだまだ疎いところだらけですが、これからちょこちょこ綴っていこうかな、と思います。

 

最初はJUMPファンになったきっかけでも書いておこうかな。

 

全てを話すには、遡ること遡ることおよそ12(?)年…

当時、テレ東で放送されてた「Ya-Ya-yah」を何となく見てたのがきっかけ。

当時の私はジャニーズには微塵の興味もなく、
「ジャニーズってなぁに?」
っていう子どもでした。(当時小学校1年生くらい)

芸能界にも興味はなく、テレビの中の世界はテレビの中の世界。ジャニーズも知らなければ、ドラマは現実に起きていることの生中継とすら思ってた、当時幼すぎる私。

何も知らなかったけれど、企画が面白くて喜んで見てた記憶はうっすらあります。

鬼ごっこだったり、目で見て分かりやすい企画が幼い私には刺さったんだろうなぁ。

 

Ya-Ya-yah」の他にも、歌番組やドラマ「野ブタをプロデュース。」「探偵学園Q」など、親が見てたのを横から覗いて見たり…なので、名前は知らなくとも、何となくの顔の認識は幼いながらにあったんでしょうね。


そこからHey!Say!JUMPのデビューが決まり…

HEY!HEY!HEY!の生中継が偶然我が家のTVでついていて、

『あっ!!この人達Ya-Ya-yahで見たことある!!』

『この人ね、この前テレビ見た!!』

となり、そのままJUMPに流れ込みました。

 

あの時HEY!HEY!HEY!が我が家でついてなかったら、私はファンになってなかったかもしれないし、もっと魅力に気づくのが遅かったかもしれない。HEY!HEY!HEY!をつけておいてくれた親に感謝。

 

 

そしてこれからも、深くJUMP沼にはまり続けるのです…。